診療のご案内

当科は1958年の開院当時から開設され、一般市中病院脳神経外科としては最も古くから開設されたうちの一つであります。これまでより良い医療を提供するために、従来の医療をブラッシュアップさせ、さらに最先端の医療を取り入れ真摯に取り組んでまいりました。その結果、多くの患者さんにご信頼いただき、多くの治療をさせていただいております。

現在当科で扱うことが多い疾患は脳動脈瘤・脳動静脈奇形・頸動脈狭窄・もやもや病などの脳血管障害と、髄膜腫・聴神経腫瘍・神経膠腫・転移性脳腫瘍等の脳腫瘍と、顔面痙攣・三叉神経痛などの機能的疾患、および慢性硬膜下血腫、急性硬膜下血腫などの外傷性疾患であります。このように疾患のバリエーションに富むことが当科の特徴の一つです。

また2013年3月より脳卒中センターを開設し、脳神経外科、脳神経血管内治療科、神経内科が協力して集学的に脳卒中診療にあたる体制になっております。
手術治療に関しては、トラクトグラフィーなどの最先端の技術を駆使して患者さん一人一人の頭蓋内の状況を把握します。得られた頭蓋内のデータから詳細な頭蓋内の地図(下の動画をご覧ください)を作成し、安全な手術方法を十分に検討してから手術を行います。また手術中は脳機能を最大限温存するために、脳機能モニタリングや手術ナビゲーションを駆使して手術の安全性を高める努力をしております。治療が困難な脳動脈瘤や脳動静脈奇形に対しては、脳血管内治療科と協力して治療にあたっております。さらに頭蓋底腫瘍などでも、間脳下垂体外科・耳鼻科・形成外科とも協力して治療にあたっております。

  • Facebook Clean

03-3588-5111

(代表)Tel

アクセス
Access Map
東京都港区虎ノ門 2-2-2